安全で効率的なオフィスレイアウト

オフィスは仕事を行う場所ですが、1日のうちでも大半の時間をそこで過ごすということにもなりオフィスレイアウトは仕事を効率的にすすめるためにもとても重要になってきます。仕事がしやすいオフィスというのは整理整頓されていることや環境がよいといったことになります。オフィスレイアウトを見直す機会はそれほど多くはありません。

人事異動があった場合や組織変更があった場合、また事務所を移転するような場合です。

このような機会に合わせて変更するといいです。
オフィスには機能があり仕事をするところと、書類などを保管する、会議を行う、来客を迎え入れる、リフレッシュするといったことで機能をわけると効率的に仕事を行うことができます。

入口から通路、デスク、保管場所を決める場合は導線を考え効率的になるようにします。
デスクは仕事の内容によりますがコミュニーションを取りやすくするのか、集中しやすくするのかによって対面式や背面式といったレイアウトになります。



この場合は人同士が通路を通ることができるように安全面にも配慮することが大切です。

goo ニュースの情報サイトです。

オフィスレイアウトは明るく開放的であるといったことで仕事をする上でも気持ちよく行うことができることと、来客者の印象もよくなります。
来客スペースは良い印象を与えられるようにしておくことも大切で、きちんと整理整頓されているオフィスは好印象となります。

そしてより効率的に仕事をするために必要なものがリフレッシュスペースです。



気持ちを入れ替えることで新しいアイデアも生まれることがあります。

読めば解る

あらゆる企業において職場は、そこで働く従業員にとって機能的で快適なものである必要があります。そのためオフィスレイアウトを策定する上では、限られた予算内で、作業に見合うだけの十分なスペースが確保でき、なおかつそれが快適性をもたらしたり作業の効率化をもたらすものにまで高められているかを入念に判断して慎重に試行錯誤を進めなければなりません。...

more

社会の事柄

オフィスレイアウトは机や椅子、棚といった備品類を的確に配置し、デッドスペースをなくしたり、オフィスを有効活用したり、動線を確保したりと機能面で良い状態を生み出してくれます。しかし、オフィスレイアウトにはそれ以外の価値もあります。...

more

ためになる社会

オフィスレイアウトではデザインが複数用意されているので、種類を知っておくと便利です。例えば対向式レイアウトはデスクを向かい合わせて設置するもので、日本では最も多く採用されている種類となっています。...

more

いまどきの社会

ビジネスマンにとってオフィスは家庭よりも長くいる空間でありその環境が仕事の効率に結び付きます。雑然と机が並べられ、書類に埋もれた中でははかどる業務もはかどりません。...

more
top