オフィスレイアウトのデザインを知っておこう

オフィスレイアウトではデザインが複数用意されているので、種類を知っておくと便利です。



例えば対向式レイアウトはデスクを向かい合わせて設置するもので、日本では最も多く採用されている種類となっています。

比較的最小スペースで構成できるため、狭い事務所でも活躍する設置タイプです。

産経ニュース情報を探しましょう。

他の社員とのやり取りもスムーズに行えるので、仕事のペースもはかどります。

またオフィスレイアウトのデザインでは同行式レイアウトと呼ばれるものも用意されているのです。一つの方向にデスクを向けて設置するもので、ちょうど学校の教室のような見た目となっています。

主に銀行や受付業務をこなっている場所で採用されている設置タイプです。
パーティションを使用してデスクを囲むクラスター型レイアウトは、欧米のオフィスでよく見られます。周囲を囲んでいるだけにプライバシー保護ができるメリットを持つのです。こちらは主にソフトウェア開発の職場に向いているオフィスレイアウトのデザインといえます。



各個人が自分のデスクを所有している一般的なタイプとは違い、特定の席を設けていないフリーアドレスタイプもあるのです。

机とイスが用意され、好きな場所に自由に座れるため、カフェスタイルのような仕事が出来ます。

毎日仕事を一緒にする人が変わる場合、その方たちと同じ席を自由に使えるため仕事効率がアップするのです。


上記のレイアウトは業種によって使い分けることで効率良く仕事が出来ます。

top