オフィスレイアウトの種類とデザインの考え方

ビジネスマンにとってオフィスは家庭よりも長くいる空間でありその環境が仕事の効率に結び付きます。
雑然と机が並べられ、書類に埋もれた中でははかどる業務もはかどりません。


長く過ごす場所だからこそ、過ごしやすい空間にするためのオフィスレイアウトのデザインは重要です。オフィスレイアウトのデザインに決まりはありませんが、ある程度の典型的な形があります。従来は対面型に机を並べて島を作る形や学校の教室のように同じ方向に机を並べる形が主流でした。



最近はプライベート空間を演出するためにパーティションで区切ったブース型や席を固定しないフリーアドレスオフィスなども増えています。
オフィスレイアウトのデザインを決める際には、業務を効率的に行うためにはどのようなレイアウトが適しているかを考えることが重要です。


オフィスの面積、社員の人数や働き方、導線など、全体的な視点で検討する必要があります。

こだわるならgoo ニュースの最新情報を見つけよう。

「最近流行っているから」などの理由でレイアウトを変えても実際の業務にそぐわなければ業務効率が落ちてしまうことでしょう。



オフィスの広さや人数、業務内容によって最適なオフィスレイアウトのデザインは異なります。

それぞれのレイアウトが持つメリット・デメリットを理解して自社にあったレイアウトを決めることが大切です。とはいっても自社だけで考えるには限界があるかもしれません。

その時は様々な業種の成功例を熟知したオフィスデザイン会社にイメージを伝えて提案してもらうもの良い方法ではないでしょうか。

top